コミュニケーションにおける自覚なき事故のこと


ある方の講演会に参加して

お話がとても素敵だなーと思って

SNSをフォローしました。



次の日の投稿で

「実は僕は講演会は疲れるから

 好きじゃないんだけど」

と見つけてしまい

なんだか時間を無駄にした気持ちに。

「いいね」は押せなかった。笑



講演会で興味を持った人が読むと

どんな心境になるかは

考慮されなかったという

自覚なき事故。



なんとなく傷ついちゃった側は

相手に怒るでもなく

スーッと気持ちと距離が離れていく



ということが最近あったので



私も散々起こしてきたんだろうな…

(今も、前より少なくなっていてほしいけど

やってしまっているんだろうな…)と。



ダンナさんがYoutube(主にお笑い系)を

よく見るのですが



「素人のも見るけど

 結局芸人さんのチャンネルに戻っちゃう。

 素人は言葉が気になる。イラっとすることがある。

 プロはそういうストレスがない。」



みたいなことを言っていて

これまた近しいなと。



言葉の影響を

どれだけ多方面から検証してきたかが

にじみ出るんでしょうね。



ちなみに

芸人さんのことは夫婦で尊敬していますが

グルメロケで

「今まで食べた●●で一番うまい!」

と言った瞬間、ちょっと冷めます。



その人がこれまで訪れてきたであろう

お店の人が見るかもしれないとよぎって

穏やかじゃなくなる。笑



(いや、意図的に奮起を促していたりするのか??)



敬意の視点を欠かさずに自覚的に言葉を選ぶ力。

すなわち、コミュ力。

高いに越したことはありません。



認定コーチコミュニティではずっと磨きます。

おわりなき鍛錬です。



詳しくは馬場代表の著書でぜひ。

とても詳しいので、ぜひ。


―END―



【清水有紗・ご提供中のコーチング講座】

気軽にコーチングを体感できるワークショップもございます。

開催リクエストお待ちしております。詳細は下記リンクからどうぞ。

ミラートーキング / すごい目標設定 / 褒める力


講座・ワークショップ・セッションのお申込み

お申し込みフォーム



ご質問・ご相談

お問い合わせフォーム

簡単で結構ですのでコメントください。折り返しご連絡させていただきます。

Arisa Shimizu | Coaching for Well-Being

清水有紗|TCS認定コーチ・MCS認定マザーズティーチャー|パーソナルコーチング|キャリアコーチング|講座・セッション|小中学生のための「たいわ室」コーチ|横浜・オンライン