『鏡の中のぼく』という絵本


マザーズコーチングスクールから生まれたコーチングの絵本


世界中の愛するママへ

ママから生まれてきた、みんなへ





世界中から「孤独」をなくしたい

絵本『鏡の中のぼく』には、そんな願いが込められています。



「ところで、その“ぼく”ってどんな子だい?」

ぼくはドキッとした。

鏡の中のぼくのことを、よくしらなかったからだ。



私自身、学生時代から「自分のことがわからない」と無限ループのように悩んできました。


ほかの人はそれぞれ個性的で魅力的なのに、なんで私は自分の個性や魅力がわからないんだろう、ないのかな、と。



「本当のひとりぼっちって 自分がいなくなってしまうことかもしれないね。」



長らく自分探しジプシーでしたが、数年前にコーチングを学び始めてからこの不安で苦しむことが格段に減りました。



「自分のことは他者との関わりの中からしか見えてこない」と教えてもらったこと、現実には私が探していたような一面的な人間は一人もいないと気が付けたこと、



それと、自己対話(心の声)は「自分で自分を陥れる内容」から「自分自身を支え励ます内容」に意識すれば変えられると学んだことが大きいと思っています。



「一緒に行こう。」



著者であるトラストコーチング馬場代表は、

「孤独とは、ある一定期間、不安が期待を上回っている状態」とも説明します。



油断すると誰もが気づかないうちに陥る、生きる気力すら奪いかねない「孤独」。

世界中で蔓延し、今や社会問題として捉えられています。イギリスで担当大臣が置かれたことをご存知の方もいらっしゃるかと思います。



孤独な状態の人をそばで見守る人もまた、自然と当人に気を遣い、疎外感や無力感を感じて寂しいもの。さらに、そのつらさを気軽に吐き出すわけにいかないことも多く、そこに次の孤独が生まれます。



孤独とは、感染してしまうものなのです。



この絵本が「世界中の愛するママへ」と始まるのは、母親の孤独がこどもの孤独を生み、それが、いじめや自殺の元凶となってしまうことを食い止めたいからです。



「自分とのコミュニケーションを見つめ直すことで、孤独は回避できる」



『鏡の中のぼく』は小さなお子さんでもわかるストーリーで、その大切さを伝えます。

それも、自然なコーチングの会話のなかで…



YouTubeに動画版がありますので、まずはそちらを。絵本もお手に取ってご覧いただけたら嬉しいです。



大人もこどもも「自分の一番の味方は、自分」でありますように。


―END―



【清水有紗・ご提供中のコーチング講座】


コーチングを本格的に学びたい方、認定コーチになりたい方へ

トラストコーチングスクール


こどもたちの生きるチカラを育むコミュニケーション。 パパ・ママ・子どもと関わる皆さまへ

マザーズコーチングスクール



気軽にコーチングを体感できるワークショップもございます。

開催リクエストお待ちしております。詳細は下記リンクからどうぞ。

ミラートーキング / すごい目標設定 / 褒める力



講座・ワークショップ・セッションのお申込み

お申し込みフォーム



ご質問・ご相談

お問い合わせフォーム

簡単で結構ですのでコメントください。折り返しご連絡させていただきます。

ARISA SHIMIZU|Coach

《 清水有紗 オフィシャルサイト 》 ビジネスコーチング|パーソナルコーチング|セッション・講座・団体研修|東京・横浜・オンライン TCS認定コーチ MCS認定マザーズティーチャー