コーチングは「自分のために」学びました。


「大切な人を大切にするために」

というのが、トラストコーチングの掲げるコミュニケーション。



でも、私自身がコーチングを学んだのは

「ほかの誰かのために」という動機では全くありませんでした。



このままの私のコミュニケーションでは、

夫とこどもの心が傷だらけになってしまう...という焦りはあったものの、



だからこそ、自分をどうにかしたい。

自分と向き合いたい、私を救いたい。



ベクトルは完全に私自身に向いていて、

自分を可愛がりたい!という欲求が渦巻いていたような。笑



結婚、出産、育児、職場復帰...

と怒涛の変化に自分が付いてこず、



わたしは、穏やかな育児ができない

わたしは、段取り良く家事ができない

わたしは、稼げない

わたしは、体力がない

わたしは、家族を大切にできない



などなど、よく聞く話ながら

本当に「ない」ことで自分責めをしていて、



もっとできるはず..と

内心自分に期待しているもんだから

苦しくて、悔しくて、

家族に八つ当たり...という悪循環で。



そんな状態に、

「自分を信頼する力を取り戻す」という

トラストコーチングスクールの

ベーシックコースが

ぴたっとハマりました。



過去に抱えた心の傷に別の捉え方を加えて、ロジカルに癒す...


自分をいつのまにか縛り付けていた思い込みに気が付き、別の可能性が開く...



自分を責めてきた一つ一つを

それでもOKとしてみたり、

それは本当?と疑ってみたり、

代わりに何をしようかと考えてみたり。



コーチングを少しずつ

自分に実践する日々には、

自分を愛でて、

素直さを取り戻すような

作用がありました。



自分を尊重できると

まわりの人の人生も同じく大切なものとして

心から尊重できるんですよね。



私にも、やっと

その心のゆとりが生まれ始めました。



「自分が先」でも順番は間違ってない、大丈夫です。

ARISA SHIMIZU

《 清水有紗 オフィシャルサイト 》 TCS認定コーチ MCS認定マザーズティーチャー PAA認定パートナーシップコーチ