劇団四季『オペラ座の怪人』


同級生と観に行ってきました。




劇団四季「オペラ座の怪人」

https://www.shiki.jp/applause/operaza/



もう、きっと3年分くらい

音楽を浴びてきた気がします。

凄いらしい?

いや本当に凄かった!



『オペラ座の怪人』は

サスペンスですが、恋愛物語。



注ぐ愛、守る愛、手離す愛。



愛しかたのいろいろがわかるとは

我々も大人になったもんだ。





自分自身で思う

認められない自分

醜い、弱い自分

嫌いな自分



本人の自覚・無自覚はともかく

その脆さを人から悟られないように



仮面を付けて隠したり

強がったり、とぼけたり

感情むきだしで怒ったり……



仮面を纏って得られる姿も真実。

「コンプレックスがあるからがんばれる」は本当。



ただ、同時に

自分を否定し責めて

心を蝕んでいくのかもしれません。



まさに、ファントムのように。



容姿へのコンプレックスと美への執着は

彼を「音楽の天使」たらしめるもの。



もし、仮面をふっと外したくなるような

心を許せる誰かがいたら



あるいは

仮面を外すことはできなくても



その誰かが
仮面の下の触れられたくないものに気づき

見守ってくれる人だったら



彼はファントムにならずに

済んだかもしれない。



話は変わって



ファントムの仮面が

外されてしまう場面で

私、なぜか久しぶりにキュンときました。



仮面の下を垣間見たときに

ぐっと惹きつけられて好きになり

仮面の下を見せてもらえた時に

自分を信じてもらえたと深く安心する



という、自分の恋愛傾向に

気が付きました。



なんか

ダメ男を好きになるのと似てるような



いやいや

そのようなお付き合いはしていない、はず。



とにかく

あの超有名なテーマ曲が頭から離れません。

―END―


【清水有紗・ご提供中のコーチング講座】


コーチング講座・継続セッションほか、サービスに関するご質問・ご相談

お問い合わせフォーム

折り返しご連絡させていただきます。

ARISA SHIMIZU

清水有紗|コーチング・人材育成|TCS認定コーチ・MCS認定マザーズティーチャー|小中学生の「たいわ室」コーチ|コーチング講座・セッション|横浜・新潟・オンライン対応