クライシスマネジメント TRUST e-collegeより


トラストコーチングの認定資格者向けオンライン学習サービス

「TRUST e-college(トラストイーカレッジ)」


4月28日の講座のテーマ:

「クライシスマネジメント」 


新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛要請が出ている最中、急遽盛り込んでくださったのかと思います。


国内外の様々な混乱や悲劇はすでにご承知の通りで、まだまだ悪化が続くとも言われています。


我が家は、夫が3月早々から在宅ワークになり、子どもたちも休校になり、私だけが毎日外に出る生活でした。


家族の命がちらつきながら、なぜ電車に乗るのか、バスに乗るのか、に始まって、短期間に次々に湧き出る不安、怒りや悲しみを整理しながら、自分が大切にしたいものと違うものを大切にしたいのだろう人々との距離感を調整する日々でした。


ピンチに備える対応 → リスクマネジメント 

ピンチ中の対応 → クライシスマネジメント 


想定外は、必ず起こる。

動揺や不安に早く折り合いをつけて、いかにいつもの心と頭を取り戻し、未来のリスクに備えるか。 


そのために、一度考えておく必要のあるいくつかの問いをTCS代表の馬場コーチが用意してくださいました。


何が守られていれば「私は大丈夫!」と言えるか?をそれぞれが深堀りしていく1時間。


この2ヶ月強の自分を振り返ると、極度の緊張状態というのは、人の想像力や判断力を奪うのだなということを身をもって実感した次第です。できていたりできていなかったり…伸びしろです。


そういえば、あまりの想定外に出くわすと、人は自分でも想像できないようなことをし始めるそうで。


万が一自分がそのような状態の時に、きちんと指摘してくれる(+自分もちゃんと聞く耳を持てる笑)ような人間関係に恵まれているかどうかも、ひとつのクライシスマネジメントだなと思いました。




おまけ。

先日TCSのキングダム愛読隊という非公開グループで、キングダム52巻での私の「楊端和」愛を披露したのですが、山界の女王にとっては絶体絶命もクライシスではなさそうですね。


これが経験値のなせる業ならば、コロナ渦の想定外のなかで、私たちもひとつひとつ、明日の自分たちをより強くするような渾身の選択をしたいなと思ったのでした。 

ARISA SHIMIZU

《 清水有紗 オフィシャルサイト 》 TCS認定コーチ MCS認定マザーズティーチャー PAA認定パートナーシップコーチ