よそいき


先日参加したTCSの横浜勉強会の冒頭のこと。



顔なじみも多い会ですが

一応毎回自己紹介をしていて



その日の私の自己紹介を

「なんか今日はよそいき

と表現してくださったコーチがいました。



かしこまった?

真面目に語りすぎた?

違和感?距離感?緊張感?



このフィードバック、どう活かそう?笑



たとえば、私がドレスアップをするときは

ご一緒する相手や自分自身を喜ばせたい場合や

恥をかかせたくない場合があります。


そのために、普段よりも

外側を作り込んで仕上げる

そんな印象が私にはあります。



ドレスアップは好きですが

自己紹介で壁を作ってどうする…



今、TCS for Companyという法人研修を担当する部門で

コーチ型研修講師になるためのトレーニングに参加していて

10分の研修を作るチャレンジをしているのですが



短い時間の中でも

安心して心を開いてもらいたいと思っています。



講師が「よそいき」であることは、邪魔です…



これまでたくさんの研修を受けてきましたが

よそいきじゃなかった講師なんていませんでした。



なるほど、TCSの研修の好感度が高いのは

そういう講師が「いない」ということもありそうです。



以上、私の内省に付き合わせてしまい申し訳ありません。笑



あなたが心の中まで

《よそいき》にしているのは

誰の前ですか??



そのせいで

失っているかもしれない

チャンスはありませんか??

―END―



【清水有紗・ご提供中のコーチング講座】


コーチングを本格的に学びたい方、認定コーチになりたい方へ

トラストコーチングスクール


こどもたちの生きるチカラを育むコミュニケーション。 パパ・ママ・子どもと関わる皆さまへ

マザーズコーチングスクール



気軽にコーチングを体感できるワークショップもございます。

開催リクエストお待ちしております。詳細は下記リンクからどうぞ。

ミラートーキング / すごい目標設定 / 褒める力



講座・ワークショップ・セッションのお申込み

お申し込みフォーム



ご質問・ご相談

お問い合わせフォーム

簡単で結構ですのでコメントください。折り返しご連絡させていただきます。

ARISA SHIMIZU|Coach

清水有紗|TCS認定コーチ・MCS認定マザーズティーチャー|ビジネスコーチング|パーソナルコーチング|講座・セッション|小中学生のための「たいわ室」コーチ|横浜・オンライン